山崎 敬

介護職員/サブリーダー

山崎 敬(やまざき たかし)

2014年入社(新卒)
ツクイ横浜東俣野 勤務

高校から福祉に興味を持ち、大学で社会福祉を専攻して介護業界に。現在はサブリーダーとして熱心に新人の教育指導にあたっている。

05

伝わり方は十人十色。その人ごとに意識して
教育指導しなければ伝わらない

初任者研修と実務者研修の資格を取得し、半年ほど前にサブリーダーになりました。現在は、チューターとして新人教育を担当しています。
業務内容は朝の送迎に始まり、食事や入浴・トイレの介助、誘導に歩行介助、お風呂介助、機能訓練やマシン使用の声掛けなど多岐にわたりますが、あらゆる状況でその都度指導しフォローしなければなりません。
気をつけているのは、相手によって伝え方を工夫すること。言い方ひとつで納得してもらえないことやキツイと受け取られることがあり、やはり十人十色ですね。それなりに苦労もありますが、どう伝えるかを常に考えます。試行錯誤しながらも柔軟に取り組み、ツクイで貢献できたらと思っています。

「右手が使えなければ左手で何ができるか」
福祉の肯定的な思想に衝撃を受け惹かれた

福祉に興味を持ったのは祖母がデイサービスに通っていたから。祖母にどう接したらいいのかを知りたくて、高校生の時に福祉のセミナーに行き、講師の話に衝撃を受けました。
障がいを持っている方がいるとすると、「障がいがあるからできない」と決めつけるのではなく、「右手がだめなら左手で何ができるかを考える」という大変ポジティブな考え方です。肯定的な思想に強く惹かれました。
高校ではモノづくりの勉強をしていましたが、モノは設計して組み立てたら終わり。その点、人は人によって違いがあり、接し方に正解はありません。人に対するサービスは答えがないのが魅力的です。奥が深いからこそやりがいもあるし、面白いです。

お客様のひと言こそがチャレンジのヒント
「気付きのチカラ」にやりがいを見出す日々

あるとき、お客様から「他のデイサービスでは〇〇をやっているんだけどなぁ」と言われたことがあります。そのひと言こそが貴重なヒントであり、お客様のニーズなのだと気付きました。すぐに企画を立てて提案したところ、予算もあり実施することができたんです。今では毎月イベントを開催し、お客様にも楽しんでいただいています。
気をつけているのは、お客様の日々の細かい変化を見逃さないこと。ろれつが回らない、目の動きが違うなど、些細なことでも気付いたらすぐに報告します。病気の早期発見につながることもあり、家族から感謝されたことも。「気付きのチカラ」の大きさを感じるとともに、やりがいと役に立ったという実感があります。

全国に広がるデイサービスの事業所が
お客様の元気をサポートしているという自負

ツクイを選んだ理由はデイサービスに強みがあることです。寝たきりを予防する意味でもデイサービスは重要な役割を果たしています。ツクイでは、現在の筋肉がこの先も維持できるよう、ずっと元気でいられるようにとデイサービスで機能訓練にチカラを入れています。
今はさまざまな業種を模索していると思いますが、介護に少しでも興味や関心があるならばぜひ見学にいらしてください。メディアで報道されていることははほんの一部でしかありません。楽しい介護にまっすぐ突き進んでくれるような人を待っています。
私も将来は現場の目線を持った視野の広い管理者になって、前向きにみなさんを引っ張っていきたいと思っています。一緒にがんばりましょう!