中山 美希

介護職員

中山 美希(なかやま みき)

2015年入社(新卒)
ツクイ川越的場 勤務

大学で法学を学んだ後、2015年新卒入社。ツクイ川越的場デイサービスで介護職員として、お客様の介助に従事。お客様から「孫のような存在」と愛されている。

06

祖母の在宅介護を通して「困っている人」を
サポートする仕事に就きたいと思うように…

高校2年時に父方の祖母が亡くなったのですが、亡くなる約3年前に脳出血を発症した祖母は、それ以来右半身麻痺になってしまいました。さらに口から食事を摂取できないため、腸に直接チューブをつなぐ「腸ろう」で栄養を摂取していましたし、トイレでの排泄も困難でしたので、母を中心に姉と私で祖母の介護をしていました。
そうした日々の中、就活を機に「自分はどんな仕事に就きたいのか?」とあらためて考えてみたのです。そのときに自宅にいる祖母の姿が思い浮かび、「介護が必要な人」「困っている人」をサポートする仕事に就きたい、という強い思いがわきあがり、介護・福祉関係に絞って企業研究をスタートしました。

私の思いに真剣に耳を傾けてくださり、
温かい言葉をかけてくださったツクイの面接

介護・福祉関係といってもたくさんの企業がありますが、ツクイの面接に臨んだときに志望理由を話す場面で、「祖母の在宅介護中にケアマネジャーさんにお世話になったので、将来は私もケアマネジャーになり、困っている人を手助けしたい」という思いをお伝えしたのです。面接官はそんな私の思いに対して真剣に耳を傾けてくださり、「ケアマネジャーをめざすのであれば、自宅から通いやすい川越的場のデイサービスへの配属も可能なので、経験を積んで素晴らしいケアマネジャーにぜひなってほしいですね」と温かい言葉をかけてくださったんです。こうした対応は他の企業ではなかった分とても印象的で、こんな素晴らしい会社でぜひ働きたい……と思いました。

資格は自信の源。介護福祉士資格を絶対取得していつかは
介護支援専門員として活躍したい!

面接で感じた直感はツクイに入社してから確かなものとなりましたが、もともと私は照れ屋なので、入社当初はお客様と自然な会話ができなかったんです(苦笑)。でも、先輩職員に「聞き役が難しいのであれば自分の話をしてもいいのよ」とアドバイスされてからは会話を楽しめるようになり、今では気負わず、無理せず、私らしさを大切に、お客様と楽しい時間を過ごせるようになりました。
元気なお客様が多いですし、男性のお客様も多いので、最初は戸惑いもありましたが、今は毎日がとても楽しいです。1年経って仕事にも慣れてきたので、最近は◯◯したらお客様が喜んでくださる……と気付きが多くなってきたので、やりがいも増してきました。
とはいえ“まだまだ”と思うことも多いので、2018年1月の介護福祉士試験までに猛勉強して、資格を絶対取得したいと考えています。資格は自信の源にもなりますので、資格取得を機に仕事の幅・奥行きを広げて、私がめざすケアマネジャーに一歩でも二歩でも近づきたいです。頑張ります!

TIME SCHEDULE1日のスケジュール例

 
8:30

始業出勤後、申し送りノートに目を通し、お客様の来所に備えて入浴の準備、温かいおしぼり、ウェルカムドリンク、午前レクリエーションの準備などをこなす。

 
9:40

サービス開始送迎車に乗ってお客様が続々到着。お出迎え後に、ゲームなどの午前レクリエーション、入浴介助などを担当。

 
12:00

ランチタイム主に事務所内で職員と雑談しながら、健康・ダイエットを兼ねたヘルシーなお弁当で軽めの昼食を済ませる。

 
13:00

午後の業務スタートお客様と午後の体操、輪になってのゲーム、おやつの準備や配膳。おやつが済んだ後は「水彩画」「書道」「機能訓練」の3つから選択可能なレクリエーションも実施。合間をみてトイレ介助も。

 
16:15

ラストスパートお客様の帰りの準備。ときには送迎車でお見送りに付き添うことも。施設に戻ってきてからはフロアの掃除を済ませ17:30に帰宅。

MY OFF TIME

友人を誘って地元のコスモス畑にいったときの写真です。イベントでお客様と季節のお花を見に行くうちに、以前よりもお花が好きになりました。

友人と休みを合わせて旅行に行くこともあります。夏には箱根に行きました。今は京都旅行を計画中です。