小林 修

所長

小林 修(こばやし おさむ)

2012年入社(新卒)
ツクイ上尾原市 勤務

ツクイ上尾原市の若きリーダー。「真冬でも半袖で問題なし!」という熱血漢ながら、笑顔を絶やさない温厚な人柄と、介護に傾ける熱意によってお客様からの信頼も絶大。

01

大学の医療福祉学科で理学療法を学んだ後、
伸び盛りの企業ならではの
活気に惹かれて入社

私は保健医療学部で理学療法を学んだ後に、ツクイに入社しました。私がツクイを知たきっかけは知人の紹介でした。しかしそれはひとつのきっかけでしかなく、就活時に医療・福祉業界の企業研究をする中で、熱意やスキルの高い人が責任あるポジションに抜擢される風土と、若い人が数多く活躍している伸び盛りの企業ならではの活気に惹かれて、ツクイに入社を決めました。現在は、大学で学んだ理学療法の観点を全職員と共有し、職員一丸となってお客様へのサービス提供に努めています。

仕事プライベートの両面から、
的確なアドバイスができるそれが所長の理想像

所長になってからは責任が増した反面、世界観が広がったことで刺激ある毎日を過ごせていると感じています。例えば、目標達成に向けて頑張る職員の姿を見守っているよりは、自分がやってしまったほうが早い……と感じる場面もありますが、そこはグッとこらえています(笑)。何より、私が考える所長の理想像は、「現場に課題がみつかったときに迅速に問題を抽出して、的確な改善案を提案する」ことと、「職員が自主的に動ける方向づけをする」ことにあると思っているので、この2点を常に肝に銘じ、今後も業務だけでなくプライベートでも的確なアドバイスを心がけながら、ゆくゆくはツクイ上尾原市をツクイのモデルケースとなる事業所にしたいと考えています。

「ツクイに小林あり!地域の行政や
医療機関から一目置かれる魅力ある存在になりたい

肉体・精神の両面から手厚い介護サービスを提供するためには、有言実行の強いリーダーシップで職員を束ねることも大切ですが、例えば難病を患っているお客様がいらっしゃれば、「病気が進行した際に◯◯といった機能障害が生じることが想定されるので、事前に◯◯のケアをすることが大切」といった細やかなスキル共有も大切です。その点、ツクイ上尾原市は職員の結束力も強固なので、とても心強いです。そして今後は地域の行政・医療機関と連携を深めながら、職員全員が高いステージに上がることはもちろん、いずれは「ツクイ上尾原市に小林あり!」と一目置かれる存在になれたら最高です(笑)。これからもパワー全開で介護の最前線を走り抜けていきますので、今後の上尾原市の躍進にぜひご期待ください!

TIME SCHEDULE1日のスケジュール例

 
6:30

起床一人暮らしなので朝食はコーヒーのみ。
シャワーを浴びて車で出勤。

 
8:00

始業送迎車が出発する前に朝礼であいさつし、送迎車を見送り。続々と到着するお客様をお出迎えした後、職員あいさつ、行事、一日のタイムスケジュールを確認。さらにメールチェック、電話連絡などの事務作業にも従事。

 
12:00

ランチタイム朝昼食ともに軽め。コンビニ弁当で軽くすませることが多い。

 
13:00

午後の業務スタート午後はお客様へのサービスチェックや看護職員からの報告・調整、お客様の家族への個別連絡、他事業所への連絡などに追われる。

 
17:00

終業お客様の送迎完了を確認し、フロアチェックを済ませて帰宅。

MY OFF TIME

帰宅後は、世界観を広げるために料理にトライしています。焼肉好きが高じて現在ハマっている料理は辛めのユッケジャンスープ。「帰宅途中にスーパーでナムルを調達して牛肉とコトコト煮込みます。韓国料理って奥深いのでもっともっと極めたいです。お手製料理は美味しさも格別です!(笑)

ツクイには“おおおかドリームス”という野球チームがあります。役職や働いている営業所関係なく、みんなで楽しく汗を流しています。